製薬・研究職キャリアに関する記事のまとめ

  

Sponsored link

製薬キャリア

  

合わせて読みたい

初めまして、すきとほる疫学徒です。   国内の大学&大学院を卒業した後、現在アカデミア、そして外資製薬のグローバル部門で疫学専門家として働いています。 特に、日本や途上国で集められた大規模ヘルスケアデータベース[…]

  

合わせて読みたい

こんにちは、すきとほる疫学徒です。 今回の記事では、「なぜ私が製薬の疫学専門家になったのか」というキャリア形成のモチベーションを綴ろうかと思っていたのですが、「私個人のモチベーションなんて発信しても、読者は興味ないよね」と思いとどま[…]

  

合わせて読みたい

こんにちは、すきとほる疫学徒です。 さて、前回の「製薬の疫学専門家キャリアのメリット」に続いて、今回はデメリットについて綴っていきます。 とはいえ、私自身は特に現在のキャリアにデメリットを感じているわけではないので、「一般的に[…]

  

合わせて読みたい

こんにちは、すきとほる疫学徒です。 さて、これまでの記事では主に「製薬企業の疫学専門家がどんな仕事か」ということを解説して参りました。 実際に就職を考えてらっしゃる方からすると、もっと気になる情報は、「どうしたら製薬[…]

  

合わせて読みたい

こんにちは、すきとほる疫学徒です。 本日は、私が大学と製薬企業でパラレルワークをする中で感じる、それぞれのキャリアのメリット・デメリットについてお話ししていきたいと思います。   パラレルワークの仕事の分量は、製薬:大学[…]

  

合わせて読みたい

こんにちは、すきとほる疫学徒です。   今日は、疫学専門家としての職務経験がない方でもアプライできる疫学専門家のポジションをご紹介したいと思います。 製薬企業の疫学専門家の募集要項を見ていると、「数年の疫学専門家勤務経験[…]

  

合わせて読みたい

こんにちは、すきとほるです。   まもなく夏休み、大学院生のなかには将来の企業就職を見据えて、インターンに参加する方もいらっしゃるでしょう。 特に2年間しかない修士の場合は、あっという間ですが就職活動を始める時[…]

  

  

  

  

大学

  

合わせて読みたい

こんにちは、すきとほる疫学徒です。   これまでキャリアについては、私が外資製薬に行ってからのことを書いていたのですが、今回はそこに至るまでのキャリアパスとして、Master of Public Health(公衆衛生学修士)[…]

  

合わせて読みたい

こんにちは、すきとほる疫学徒です。   本日は、何人かの方からご希望頂いていた「日本国内でReal World Data研究を学べる研究室」について記事を書きます。 製薬企業などインダストリーにおいてもますます注目を集め[…]

 

合わせて読みたい

こんにちは、すきとほる疫学徒です。 本日は久々にキャリアの話をしていこうと思います。   ツイートやブログで疫学や研究者キャリアの話を偉そうにしている私なのですが、実は数年前までは英語論文も書いたことがない(かろうじて[…]

Sponsored link
薬剤疫学、製薬キャリアに関する最新情報はこちらから